訪日外国人旅行者と地域の混乱を避けるために  ピクトグラムとその役割を徹底周知する 






 精度の高いハザードマップも大切ですが、ご近所が助け合う仕組みも重要
2017.7.17

偶然、アトリエで神奈川県内の教職員OBと議員さんと話す機会がありました。15年前と変わらない自治会とPTAの無縁関係。

安全安心計画は、理屈っぽくなればなるほど参加者が減少します。

子供や高齢者が理解できるシンプルなものから!


 まちの安全・安心マップづくり〜要配慮者対策〜防災訓練 ステップ@マップづくり  地域が一丸となって関心を持って頂くために
地区防災計画があるのであれば地区防犯計画があっても良いのではないか?

5/18日に警察庁の幹部OBと相談しました。要配慮者の見守りが現在の法や条例で見守れないのです。

また、警備会社もサミット、オリンピックの警備は請け負いたくないようで、殺傷能力の高いモノが使われる可能性のある現場で警備員の安全を確保できないと意見があります。

防犯カメラなどITは犯罪抑止効果はありますが、その場で本人を守ることはできません。

自分の身を守るのは自分自身。マップづくりは、地域が一丸となって関心を持って頂くための絆づくりです。地域、教員、児童、行政、警察、消防、保険所が一同に集まる場作り。









 
十手型サスマタの使い方  2016.8.25
社会福祉法人吉祥
十手型サスマタ 銀行編  2015.7.1
Smartphone Click


 【防犯カメラなどITは犯罪抑止効果はありますが、その場で本人を守ることはできません。】 

DVD How to SASUMATA

スマートフォンなどうまく動画がご覧頂けない場合はコチラをクリック!

 

相模原の事件。これは、ある意味テロ。東京オリンピックを目前に関東ではテロ対策が活発になっています。

日本で起きるテロは、銃よりも刃物やトラック、ガソリンなどの可燃物、飲料水への毒物混入などが考えられます。

防犯カメラやカラーボールは犯罪抑止力になりますが、その場で自分自身を守ってくれません

日本でいち早くテロ対策を推進した元国際刑事警察機構(ICPO)インターポール副総裁の川田氏とのご縁があり、「How to SASUMATA」は、元警察庁長官の推薦を受け逮捕術を改善しました。

地区防災計画があるのであれば、地区防犯計画は県警も興味を持ちはじめています。

DVD How to SASUMATA 2005年制作
警視庁、県警、警備会社、病院、学校が購入しています。



 香川県くらしの安全安心課 香川県防犯活動自主企画提案事業  平成28年度 地域が一丸となって犯罪を防ぐ



【実施団体名:琴平町社会福祉協議会】

事業名:地域見守り体制構築事業  実施期間:平成28年9月〜平成29年2月。次年度は自立継続。

目的:巧妙化する振込み詐欺の防止。それだけでなく、交通事故、防災、認知症者の徘徊など琴平町榎井地区をモデルとし、見守り体制の強化
と共にコミュニティの強化



概要:犯罪を未然に防ぐために、地区での防犯計画を構築。

@地区限定のメール配信による「駆けつけ隊」(SSL)。
A要援護者見守り機能付きマップの作成。

社会福祉協議会に出入りする民生委員、福祉委員、ヘルパーさんは食事の手配をするなど要支援者と毎日接触することから情報の収集が早い。その特性を活かし、社会福祉協議会より、地域の自治会長、民生委員、福祉委員、一般受信希望者、地域内の114銀行、香川県信用組合、郵便局2店舗にもメール配信)。


提案:地区防災計画(平成25年6月に災害対策基本法が改正)があるのであれば、地区防犯計画があってもよいのではないでしょうか?

企画・指導:備えネット 庵谷文博
 






 【明石市人丸地区 安全・安心マップづくり 】 平成28年8月26日

完成させた住民の危機管理意識の向上を図るマップの反省会から来年度、さらに発展させ、要援護者検索機能付きデジタルマップの完成にへと。

 

マップを作成することが目的ではなく、コミュニティづくりがネライ。 地域の方の想いを形へとお手伝いです。

正確なハザードマップづくりよりも尊い意識があります。


 【明石市人丸地区 安全・安心マップづくり】 平成27年度

このマップは、完成させる過程を通して住民の危機管理意識の向上を図ることがネライです。今からがスタート!皆さんの意見を取り入れて進化させ、三世代が集う場づくりを目標としています。追加変更など、お気づきの点がありましたらご連絡ください。


「人丸三世代ぼうさい探検」
-みんなで作ろう!人丸安全安心マップづくり-

【主催】 人丸各町連絡協議会

【日時】 平成28年3月6日(日)午前10時〜午後3時頃

【集合場所】 各探検ブロック(A〜F)ごとに決定

【参加者】 各ブロックの小学生からお年寄りまで

【炊きだし】午前12時〜午後1時
(アルファ米、豚汁、ぜんざい等 /於コミセン前広場)

【マップづくり】午後1時〜3時頃
(ブロックごとに作成 /於体育館)
各ブロック毎に発表


【主催】 人丸各町連絡協議会/人丸小学校
【日時】 平成28年1月28日(木)
【場所】 人丸小学校
【対象校区】人丸小学校校区 ( 4 )コース(巡回1.5km)
【参加者】人丸小学校4年生と保護者、地区各種団体

【これまでの実施内容】
平成27年9月27日   防災について勉強会
平成27年10月27日   防災とコミュニティについて勉強会
平成27年11月12日   安全安心マップづくりとは
平成27年11月27日   実施計画の確認
平成27年12月7日   コース決め 
平成27年12月18日   コース説明と役割について
平成28年1月13日   各般の実施計画と役割名簿づくり
平成28年1月26日   児童と保護者 説明会
平成28年1月28日   第一回、安全安心マップづくり






 【高松市築地地区 まちの安全・安心 要配慮者対策〜地域見守り タブレット対応デジタル検索機能付きマップづくり】










 災害ボランティア養成講座 2014.8/5〜9.18



参加者、講師、みんなで考えて作った高松版の「災害ボランティアガイド」と「受援力について」の誰でもわかるマニュアル




 【尼崎市道意地区 まちの安全・安心 要援護者対策〜地域見守り タブレット対応デジタル検索機能付きマップづくり】 日時:平成25年11月19日

【主催】尼崎市道意社会福祉連絡協議会
【場所】道意会館
【対象】各町会から地域見守り支援者代表
【企画】SONAE-NET(備えネット)
【アドバイザー】田中健一
【開発・講師】庵谷文博


【内容】
要援護者への日頃の見守りから災害時における要支援者リストを検索機能のある地図に埋め込む。地図だけでなく、名前、優先順位から要援護者と見守り担当リスト及び防災資機材リスト、マニュアルなどを検索して瞬時に表示。地域見守り支援者代表が自ら更新できるように技術習得。データは、金庫に保管。端末は、インターネットの接続禁止。回線を切断。この周知と実行を徹底。

  【9月24日
1)サンプルによる完成イメージの説明(別紙参照)。
2)個人情報の取り扱いと保護についての注意点。
3)各町の役員と見守り推進委員の調整。
4)入力のための事前チェックとその項目を確認。

【10月22日】
1)アプリの使い方の説明。
2)地図上に情報を埋め込む方法の説明。
3)要援護者情報の入力方法について。
4)入力情報の確認と完成までのやり取りについて。

【11月19日】
1)完成した要援護者見守りマップの動作チェック。
2)個人情報の取り扱いと保護についての注意点。
3)追加情報の取り扱いについて。
4)日頃の見守り推進と防災訓練との連携について。


  尼崎市道意町 安全安心マップづくり 2013.3.27マップ完成

このマップは、完成させる過程を通して住民の危機管理意識の向上を図ることがネライです。今からがスタート!皆さんの意見を取り入れて進化させ、三世代が集う場づくりを目標としています。追加変更など、お気づきの点がありましたらご連絡ください。

【主催】 尼崎市道意社会福祉連絡協議会・防災会議

【協力】 

尼崎南警察署・尼崎西消防署・若葉小学校・PTA、道意町婦人会、こども会、千歳会、スポーツ21若葉、青年会、連絡協議会、他各種団体、日本防災士会阪神地区、尼崎レオクラブ、尼崎北ライオンズクラブ他(順不動)

【企画・指導】 特定非営利活動法人SONAE-NET

【日時】 平成24年12月9日(日)

【場所】 若葉小学校

【対象校区】若葉小学校校区 ( 5 )コース(巡回1.5km)

【参加者】

若葉小学校4〜6年生と保護者、地区各種団体、 尼崎南警察署、尼崎西消防署、若葉小学校教員、PTA、道意町婦人会、こども会、千歳会、スポーツ21若葉、青年会、連絡協議会、他各種団体、日本防災士会阪神地区、尼崎レオクラブ、尼崎北ライオンズクラブ他(順不動)

 8:30   スタッフ集合
9:00   あいさつ
9:10   今どれだけ知っていますか マップ作成
 9:50   正門前集合 巡回の注意点
10:00   コース巡回
11:30   学校到着 休憩(時間調整)
11:40   食事(軽食)
12:00   大きな地図に取材した情報を記入
13:30   感想・意見交換
14:40   今後の課題、計画について
15:00   終了

このQRコードでアクセスしてダウンロードしてください。
↑ 完成したマップ クリックするとダウンロードできます。  

 尼崎市道意地区 まちの安全・安心マップづくり〜要援護者対策〜防災訓練 ステップ@マップづくり 【日時】平成24年9月14日(金)

最初は、先生や地域の方から「そこにあるぞ」と指導を受けていた児童。40分を超えると「先生!あそこにもあるでぇ」と児童が先に見つけていました。今回は簡易型ですが、12/9日に道意全域のマップづくりを行います。

【主催】 尼崎市道意社会福祉連絡協議会
      若葉小学校

【企画】 特定非営利活動法人SONAE-NET(備えネット)
【講師】 庵谷文博

【場所】 若葉小学校

【対象】 若葉小学校4年生
【参加者】防災会、保護者、教員

 尼崎市道意地区 まちの安全・安心マップづくり〜要援護者対策〜防災訓練 ステップAマップづくり全域 平成24年11月10日
尼崎市道意社会福祉連絡協議会主催

12月9日、道意地区安全安心マップづくり全域に向けての説明会。約170名(来賓21名)参加。

南海トラフ地震津波対策とするが、危険予測と予防の答えは目の前にあります。日頃の防災、防犯、事故への現対応が鏡のように映す出されているのです。行動計画を練っても現実はどうなるかわかりません。とっさの判断(危険回避)を日頃から身につけることがヒント。

そして、何よりもココに大勢の方が集まりコミュニケーションを取ることが主催者側の願いです。

会長:脇坂周二  防災会議議長:鬼塚三代 コーディネーター:兵庫県田中健一 企画・指導:備えネット庵谷文博

過去の災害の記録 南海トラフ地震はさらに約1.2m高い(OP6.3m)。

高潮浸水予測図だが津波予測としても参考となります

 琴平町 地域防災訓練 高薮・神明町地区  【日時】平成24年11月18日 【場所】観光センター   

8月より十数回の下見と打ち合わせを行い、シナリオを作成。しかめっ面しても笑っていても身に付くモノは同じですから、訓練は楽しくが継続のコツかもしれません。日頃からの地域の皆さんの温かみと熱意に敬服します。

【主催】 琴平町社会福祉協議会
【協力】 仲多度南部消防組合

【企画】 特定非営利活動法人SONAE-NET(備えネット)
【特別講師】 野草信次(前尼崎市消防局長)
【耐震指導】 香川県住宅課
【監督】 庵谷文博

【対象】 神明町高薮地区 琴平町住居者見学可
【参加者】各種団体



  早い復旧復興を目指す都市(まちづくり)計画とは? 中小企業・個人商店のためのBCP(事業継続計画)とは?  2013.6.2〜8.6視察
平成25年6月2日〜8月6日。高知県奈半利から黒潮町まで実際の住民の声と防災担当者とのご意見を伺いました。減災を目指すために東日本大震災の教訓から起きる前に備える都市計画とは何か?これについて香川県高松市のあるコミュテニィ協議会と社会福祉協議会で講演することとなりました。避難訓練を行っているからと満足していたのでは早い復旧復興は無理。

また、中小企業や個人商店のためのBCP(事業継続計画)とは何か?とくに大企業ではBCPを担当する課もありでしょうが、個人商店でBCPに気づいている人は限りなく少なく、意識もないのが我が国の現状。備えネットは今後、要援護者関連だけでなく、早い復旧復興のための中小企業のお手伝いを行います。
 1)人命 逸早い避難
熊野浦
観音堂 入口
図書館の上が避難場所の”大方あかつき館”
最も高い津波高(約34m)が予想される地区
観音堂
中小企業がどう減災するのか?


安田町津波避難タワー

 2)財産 高台移転を可能な限り推進してみる
津波被害が想定された地区は被害を恐れて過疎化現象が徐々に起きている地区もあります。巨大地震が起きる前に住宅移転、仮設住宅設置場所、行政機関の移転、第二施設の候補。

社会福祉協議会、民生委員などの活動が活発化する中で中小企業、個人商店の具体的な減災計画への行動というものを聞かない。中小企業庁のBCP査定運用指針はあれども理想すぎる。商工会の改革が必要。

 3)命を守り乗り越えたら希望がある
6月2日、ある地域でこんな意見がありました。 「津波が来たらどうしょうもない。80才を過ぎて家も店も流されたら生活する気力も体力もない。命も何もかも流されたらえんで!」

7月15日、兵庫県の防災専門家と尋ね大きな声で励ますとすばらくしてこんな話が口から出てきた。「そうやなぁ生きとったら里で農作物を触りたい」

8月5日、高知県在住の防災専門家と同行して記念撮影(左)。「月に2回、裏の避難場所へ登る練習をしよんで」

8月6日、古い家屋が窓が多く柱の少ない方向に倒れることを話す。寝る位置、バールの必要性を話すもピンときていないご様子。体感のある説明と根気が必要。











 

特定非営利活動法人SONAE-NET(備えネット)
【高知】 〒780-0043 高知県高知市寿町2-1 TEL:088-823-3822 FAX:088-823-3808 時光(トキミツ)
【香川】 〒761-8062 香川県高松市室新町1053-7 TEL:087-868-9284 庵谷(イタニ)sonaenet@yahoo.co.jp
【神奈川】 〒247-0051 神奈川県鎌倉市岩瀬32-2 204号 TEL:0467-95-3540 庵谷(イタニ)info@lavie.yokohama